「ご飯はガマンできるけど、お菓子はガマンできません!」

というダイエットが続かないあなたへ

 

忍耐力は平均以下、

お菓子に完全支配された脳。

どうしても無駄食いをやめられなかった私が

たった3週間でお菓子欲を自在にコントロールできた理由とは!?

 

お菓子ダイエットの秘密をあなただけに限定公開!

 

お菓子依存症治す方法

 

 

 

 

・お菓子をやめて、健康的にやせたい!

・体の中から健康になって若返りたい

・トラブル続きの肌の悩みから解放されたい

・最愛のパートナーから認められたい

・自分に自信をつけてコミュニケーション能力をアップさせたい

 

 

 

このサイトはそんな願いを持つあなたのために作られたサイトです。

 

 

 

 

 

 

甘いものをやめたほうがいいのはわかっているけど、

美味しくてつい、食べてしまいますよね。

しかしこのままだと…

 

 

・自分に自信がないまま…

・太っていると陰で言われる

・恋愛がいつまでたってもうまくいかない

・老けて、実年齢より5歳以上は年上に見られてしまう

・糖尿病やがんになる確率が高くなってしまう

 

 

そんな悩みや不安もあるのではないでしょうか。

 

 

「人間、外見より中身が大事よ」

 

そう言われたことはありませんか?

確かに外見より中身のほうが重要だと思います。

 

いくら美人でスタイルが良くても、性格が悪かったら友達になりたいとは思いませんし、

かといって、性格は良くても、太って肌はボロボロで不健康そうな女性が

私は中身で勝負だから」と言って何も努力していなかったら、

その人のことを好きになれるでしょうか?

 

正直なところ、微妙ですよね…

男性でも女性でも、人って、100パーセント中身だけで好きになるのってなかなか難しいと思うんです。

 

 

ニックネームは「お母さん」

 

 

ふくよかな体系だからと、そう呼ばれていた友達がいます。

お菓子が大好きで、一日中なにか食べていた彼女。

相撲取りもびっくりの食欲だよね」と自分で笑っていました。

 

そんな彼女がある日、大好きだった彼と別れたと私に打ち明けてきたのです。

 

お母さん「私、彼と別れたんだ…」

私   「えっ!?なんで!?」

 

急な告白に私はびっくりして理由を聞きました。

どうやら原因は彼女の体重らしく、彼にはどうしても太っていることが耐えられないようで、会うたびにとかデブと言われ、食事のカロリーを制限されていたそうなんです。
「彼は太い私を見ているのがストレス

私は彼といると自分を否定されているようで辛かった」と彼女はいいます。

 

 

体系が原因で破局!

 

結局、世の中見た目なのかな…

寂しそうに彼女はつぶやいていました。

 

このままじゃだめだと思った私は、

「痩せて、彼を見返そうよ!」

と励まし、彼女のお菓子ダイエットはスタートしました。

 

 

 

それから3か月後、彼女に再び会ったとき、私は目を疑いました。

ぽっちゃり体系を常にキープし続けていたはずの彼女が、

見事なまでにスッキリ生まれ変わっているのです

 

ただ単に痩せただけではなく、肌ツヤもよく健康的で

なにより自信に満ち溢れていました

 

「すごい!!どうやったの?」

と聞くと

「実はね…」と、その秘密を私にこっそり打ち明けてくれました。

 

確かに痩せるわけだ!

そう思った私は、

たるんでいた自分の体を引き締めるため、その方法をやってみることにしました。

 

そうすると、今まで数々のダイエットを繰り返しては、挫折してきた意志の弱い私でも、ほんの1か月足らずの間にすっきりとサイズダウンしてきたのです!

 

「ダイエットってこんなに簡単だったかな…?」

そんな気持ちでした。

 

そして、なぜ今まで悩んでたんだろう、と思いました。

 

 

今回、その秘密を、同じようにダイエットが続かなくて

悩んでいるあなただけに お伝えしたいと思います…

 

 

 

 

初めまして、美容コンサルタントの三好と申します。

 

このサイトに出会ったあなたは、

今日からダイエットについての考え方がかなり変わるかもしれません。

 

なぜなら、今まであなたが気づかずはまってしまっていた、

ダイエットの最大の落とし穴に気づくチャンスだからです。

 

この落とし穴に気づくことさえできれば、

すでにあなたはダイエットに成功できた!と言っても過言ではありません。

 

 

 

ダイエットの大落とし穴

 

ダイエット挫折の原因を調べてみると

 

 

第1位 とにかく意志が弱い

第2位 甘いものは絶対にやめられない

第3位 空腹に勝てない

 

 

というデータが出てきます。

つまり、これがダイエットの3大落とし穴です。

 

おなかがすいたとき、意志が弱くてつい、

甘いものを食べてしまう

 

この落とし穴にさえ落ちなければ

あなたのダイエットは自動的に成功したも同然なのです。

 

 

「何言ってるの、それができないから苦労してるんじゃない!」

 

って感じですよね。

 

でも大丈夫です。

 

結論から言うと、

いくらおなかがすいていても、

どんなに意志が弱くても、

甘いものを食べずにいられて

ダイエットに成功できる方法があります。

 

 

「甘いものは絶対にやめられない」はウソ

 

実は今、日本人の2人に1人はお菓子中毒であるといわれています。

 

「依存症や中毒だなんてそんな大げさな…」

そう思うかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

毎日欠かさずお菓子を食べる

スイーツの写真を見るだけで、掻き立てられる

お菓子を食べだすと、「ちょっとだけ」では済まなくなる

 

 

そんな状態に一つでも当てはまるなら、あなたも立派なお菓子中毒者ということになります。

 

では、お菓子を食べ続けると、一体どうなるのでしょうか…?

 

 

 

 

お菓子で内臓破裂した、女子大生の物語

 

中国のあるサイトで、

現役女子大学生が胃袋が破れるほど過食し、不幸にも亡くなった

という記事がありました。

投稿内容によると、

「この女子大学生は自宅で炊飯器いっぱいに炊いた白いご飯とおかず、

合わせて1.5キロを食べた後、果物やお菓子などを5時間も食べ続けた

すると胃袋が破裂し、病院に運ばれたが既に手遅れだった」

ということです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ビスケットを食べ過ぎて昏睡状態に

 

あるアメリカ人男性が、店の大食い記録を打ち立てようとし、

ビスケット415個を食べるという目標を立てました。

ところが彼は知りませんでした。

このビスケットはひとつで150キロカロリーもあり、ひとつにつきバター1/8本も使っていたことを。

彼は412個を食べ終えたときに「フラフラする」と訴え、

その直後にけいれんを起こして卒倒。すぐさま病院に担ぎこまれ、救急治療室に入る直前でこん睡状態に陥りました。413個ものビスケットに含まれていたバターの量は51本分

彼の胃袋からは7.6キロのバターが出てきたと報じられました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

お菓子を食べ過ぎると人はこうなってしまうということですね。

 

こんな人と一緒にしないで!!

 

そう思われたかもしれません。

しかし、ちょっと考えてみてください。

 

あなたがいままで食べてきた、すべてのお菓子を合わせると

一体どれくらいの量になると思いますか?

 

トラック何台分!?今まで食べたお菓子の量…

 

あなたは一日にどれくらいお菓子を食べていますか?

 

スナック菓子一袋くらい?

チョコ一箱?

もっとそれ以上食べる日もあるかもしれませんね。

 

単純に計算してみましょう。

 

たとえばこれまで、毎日ポテチ1袋ずつ食べたとして、

それが、10歳~30歳までの20年間だとすると

 

365日×20年間=7,300袋

 

なんと7,300 袋ものポテトチップスを食べたことになるのです。

ポテチ1袋が約500キロカロリーなので

これは20年間で365万キロカロリー分ものお菓子を食べたという計算になります。

 

ちなみに、1kgの脂肪は7000キロカロリーに相当するので

20年間で約521kgの脂肪が、体に蓄積しているということになります。

これは1年間で26kgずつ増える計算です。

 

 

もちろん、毎日欠かさず食べている訳ではないでしょうし、運動したり、食べる量が少なかったりする日もあるので、誤差は人によってかなりあると思います。

 

しかし、1日にポテチ1袋くらいでは済まないという人や、太りやすい体質だなと自覚している人はかなり危険だということを覚えておいてください。

 

ちなみに、ポテチ一袋分のカロリーを運動で消費しようとするなら、

水泳で1時間、ランニングなら1時間20分、スポーツジムなら2時間。

 

消費せずに、食べることだけ続けた場合、もちろん脂肪も体重も右肩上がりでふくれあがってしまいますよね。

 

 

手っ取り早いのは、脱お菓子

 

そこでまず、大切になってくるのはお菓子を減らすことですよね。

 

そんなこと、言われなくてもわかってるよ!

どうやったらお菓子をやめられるの??

 

ではその答えをこれからお話していきましょう。

 

 

 

ステップ1  お菓子の正体を知る

 

まずはあなたが普段食べているお菓子の材料に着目してみましょう。

パッケージの裏側を見てみると、実にたくさんの材料が使われているのが分かります。

 

実はその中に、

お菓子を食べると「老ける」スピードが一気に加速してしまう物質

が混入しているんです。

それも、一つや二つではありません。

 

この物質が、「老けさせる」だけでなく、体の調子を悪くさせたり、

肌の状態を悪化させたりしてしまっているんです。

 

なぜそんな悪いものが入っているのか?

といえば、体への影響を無視して、お菓子の味付けだけにこだわったり、

腐らず、長期間保存できるようにするためです。

 

多くの人はそのことを知らずに大量のお菓子を食べています。

ここでは、どんな材料が悪いのか、具体的に書くことはできませんので

詳しくはマニュアルに書いてあります。

 

これを知ってしまうと、お菓子の食欲がガクンと減ってきます

 

 

ステップ2  ちょっと違った置き換えダイエット

 

置き換えダイエットって知ってますか?

三食のうち一食の食事をダイエットジュースに置き換えるというようなダイエット法です。

 

ここでは、食事ではなく、おやつを違うものに置き換えることで、より、最速で痩せられる方法を紹介しています。

 

おなかがすいたとき、甘いものが欲しくなりますよね?

そんな時に、お菓子の代わりに別の甘味を摂ることで摂取カロリーを大幅に減らし、痩せやすい習慣を作っていきます。

 

置き換えるのは特殊なサプリメントでもなく、ダイエットジュースでもありません。

ですので、特別なものを買う費用も必要ありません。

甘味を摂ることに変わりはないので、お菓子がなくても、十分満足感がえられるのです。

 

 

 

 

ステップ3  お菓子に洗脳された脳を浄化する

 

私たちの脳みそはお菓子を食べ続けてきたことで、依存状態に陥ってしまっています。

お菓子が長時間食べられなくなると、中毒症状が出てしまうのです。

イライラしたり、落ち着かなくなったり。

それに耐えられなくてほとんどの人はダイエットに挫折してしまいます。

 

そこから脱却するには、脳みそを浄化するということが大切なポイントになってきます。

脳を浄化すると聞いて、そんなことできるのか?と思うかもしれません。

しかし脳科学に基づいたノウハウなので、我慢することなく、効果的にお菓子をやめることができるんです。

 

 

 

お菓子をやめられないワケ

 

 

先程、短期間でお菓子依存症を治す為の方法がある事をお伝えしました。

 

では、「なぜ、普通にお菓子をやめようと頑張っても成功しないのか?」ということについてもお話しておきます。
お菓子をやめようと思ったら、

 

 

・お菓子を見えないところに隠す

・お菓子コーナーの前を通らない

・ダイエット中だから!と宣言する

 

 

というようなことをしますよね。

これらすべてにおいて共通するのは「我慢」するということです。

 

我慢すると、人は誰でも、イライラしてきます。

我慢しているのにイライラしない人なんていません。

そしてだんだんストレスがかかってきて、本当は、食べてしまってストレス発散したいけど、それでも我慢します。

 

しかし我慢には限界が必ずあります

つまり、遅かれ早かれ、我慢しきれなくなる時が来てしまうのです。

 

お菓子はタバコのようなもの

 

タバコを例に出すとわかりやすいですが、

お菓子をやめることと同様、タバコをやめることもかなり大変ですね。

しばらく我慢していても、つい、「一本吸ってしまった」というのはよく聞くと思います。

 

では、禁煙に成功した人はどうやったかというと、

一定期間、吸わなかったから なんです。

 

ある程度の期間、我慢することが出来たら、体がタバコに依存しなくてもよくなってきます。

そうすると、吸ってしまっても味が不味く感じられるので吸いたいとも思わなくなるのです。

お菓子もそれと同じで、一定期間食べなければ、やめることが出来ます。

 

 

どれくらい、やめれば依存から抜けられるの?

 

人によって、期間は違います。

なぜなら、普段どれくらいお菓子を食べているかによって依存度が全然違うからです。

ただ、目安としては、3週間くらいだと思います。

完全に依存から脱出できたら、体がお菓子を必要とはしなくなります。

 

 

そもそもなぜ、お菓子依存症を治したいのでしょうか?

 

・お菓子をやめることが出来れば健康的に痩せられる!

・最愛のパートナーから認められる!

・トラブル続きだった肌の悩みから解放される!

・体の中から健康になって若返る!

・自分に自信がついてコミュニケーション能力がアップする!

 

 

しかし、今のままだと…

 

・自分に自信がないまま                 

・恋愛がいつまでたってもうまくいかない

・太っていると陰で言われる

・老けて、実年齢より5歳以上は年上に見られてしまう

・糖尿病やがんになる確率が高くなってしまう。

 

 

ほとんどの人はお菓子依存症になってしまっているから、ダイエットに挫折してしまうのです。

お菓子依存症を克服しない限り、ダイエットに成功することは難しいでしょう。

」お菓子依存症が治ると…

 

 

「もっと早く痩せていればよかった!」

「モテ期が一気に来た!」

「お店の店員さんまで親切になった」

「冗談ではなく、人生がバラ色になった」

etc…

 

 

 

人それぞれですが、今までとは違う人生があなたを待っています。

お菓子依存症を治して、理想の自分を手に入れるチャンスです!

 

 

 

そこで、詳しくまとめたマニュアルを¥3,780(税込)で販売させていただくことにしました。

 

 

しかし、お菓子依存症という言葉を知らない方も多く、ましてやお菓子をやめるためのノウハウがあるということも知らない人が圧倒的に多いというのが現状です。

 

私には、より多くの方に、お菓子依存症を知ってもらい、克服してほしい!という願いがあります。ですので、

 

今、このサイトを見てくださっているあなたに限り、

¥1,080(税込)とさせていただきます。

 

 

※今現在の価格となりますので、ご注文が殺到してしまうと、この価格をキープできなくなってしまう可能性があります。お早めにお申し込みください。

 

※当商品に示された表現や再現性には個人差があり、全ての方に効果があることを保証するものではありません。

お申し込みはこちら

 

さらに!得点をご用意しました

 

90日間使い放題!メールサポート

 

マニュアルを同じようにやってみても、依存度合が違うため、人によって効果の出るスピードが違うことがあります。

 

なかなか効果が感じられないとき、マニュアルの内容がよくわからないときは疑問をすぐ解決できるよう、メールサポートをさせていただいております。

 

結果を出しやすくするため一人ひとりアドバイスさせていただいております。

気軽にご活用ください。

あなたとメールでやり取りできるのを楽しみにしています。

 

 

お菓子依存症から脱出成功で全額キャッシュバック

 

この「お菓子依存症を治す方法」でお菓子をやめられた方には、

ご購入時の代金を全額キャッシュバックさせていただきます。

 

感想文を送っていただくだけでお祝い金プレゼント!

※ホームページに載せさせていただく場合がございます(匿名も可)。

 

 

 

さらに!

あなたにも安心して実践していただきたいと考え、

全額返金制度もご用意しました。

もし、「お菓子依存症を治す方法」を実践しても効果が得られない場合には、ご指定の口座にご購入時の商品代金全額ご返金させていただきます。

ご返金の条件は、きちんとマニュアルを実践し、メールサポートを2回以上使われた場合に限ります。

ですので、うまくいかなくてわからないことがあったりした場合は、すぐにサポートメールをご活用くださいませ。

お申込み日より90日以内であれば教材購入時の価格を全額返金いたします。(お振込手数料のみご負担ください。)

さらに詳しい内容は特定商法の欄をご確認くださいますようお願いいたします。

 

お申込みはこちら

 

 

こんな方におススメです!

ダイエット中のあなた

ダイエット中にお菓子を控えるのは当然ですが、そう簡単にはいかないもの。常に誘惑と戦っている状態ですよね。

しかし、お菓子をやめれば体重だってお肉だって減ります。

「そんなことわかってるけど、食べちゃう…!!」そんなあなたのダイエットを成功へと導くカギとなるでしょう。

子供にお菓子をやめさせたいあなた

お菓子が大好きな子供…。ぽっちゃりで運動も苦手。やめさせたいけど、どうしてもお菓子をやめてくれない!

…そんな時どうしますか?

誰にでもできる、ある、簡単な行動をさせるだけでいいのです。

 

体の中から健康になりたいあなた

外見ではキレイに見えても、実は体の中は汚れている…という人はたくさんいます。

特に、お菓子が大好きな人、というのは典型的な、汚れが溜まっているタイプ。

お菓子を控えて、内側からきれいにしていくと、「ある変化」が起こり始めます。その「ある変化」とは…

○ニキビや吹き出物がなくなる

○冷え性がなおる

○イライラしなくなる

○花粉症が治る

○体のだるさがなくなる  etc…

もちろん変化に個人差はありますが、ほとんどの方が実感しておられます。

 

いつまでも若くいたいあなた

あなたは砂糖をたくさん摂り続けると老けるって知っていましたか?

砂糖だけではありません、スーパーに売られているお菓子の98%以上には、老化の原因物質がたっぷりと含まれています。

そのお菓子の見分け方を知ってさえいれば、老化スピードをグンと遅らせることができるのです。

今のままだと 数年後、あなたは今より10歳老けて見られるかもしれません…

 

 Q&A

Q1、本当に3週間でお菓子をやめられるのですか?

A1、マニュアルに書いてあることを、そのまま実行していただければ効果を実感していただけます。ただ個人差はありますので、かなりお菓子に依存している方であれば、もう少し期間が必要な場合もあります。

Q2、具体的にどんなことをするのですか?

A2、日常生活の範囲内でできる、簡単な内容となっています。大まかな内容は以下の3ステップです。

ステップ① お菓子の正体を知る

ステップ② お菓子を違うものに置き換える

ステップ③ お菓子に依存してしまっている脳をキレイにする

これを3週間実践していただくことで、あなたの体質をお菓子がなくても大丈夫な状態に変化させていきます。

 

Q3、ずっとやめられずにいたのですが、急にやめられるものでしょうか?

A3、大丈夫です。ただ、急にやめてしまうと、中毒状態になってしまって、大きな反動が来てしまうので、少しづつ、脳をならしていくことが大切です。

中毒状態とは、引っ張ったゴムのようなもので、手を放すと反動で一気に甘いものを食べてしまいます。

ですので徐々にお菓子をやめていき、一定以上の期間食べなければ体が自然に甘いものを欲しなくなってきます。そのあとはご自分の意思で自由に食べる量をコントロールできるのです。

 

Q4、私は我慢するのが本当に苦手なのですが…自信がありません。

A4、我慢してもらう必要はありませんよ。我慢=ストレス=食べたくなる、となってしまいますから、我慢するやめ方では本当にやめることはできません。

まずは、今まで食べていたお菓子を、別のものに置き換えていただきます。もちろん、食べる量も最初から減らさなくても結構です。

はじめてから1週間目くらいで、なんとなく衝動が収まってきたかも…と効果を実感される方が多いようです。

 

Q5、男性にも、効果はあるでしょうか?

 

Q5、はい、もちろん大丈夫です。

「お菓子依存症を治す方法」は老若男女関係なく効果的です。痩せるという目的だけでなく、いつまでも若くいたい、健康になりたいという願いをもつ、すべての方に自信を持っておすすめさせていただいております。

 

お申し込みはこちら

 

 

追伸

 

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。疑問に思うこと等があれば遠慮なさらずに以下のメールアドレスにご連絡下さい。以下が「お菓子依存症を治す方法」のお問合せ先です。 okashi@asuka344m.xsrv.jp
お気軽にご連絡下さいね。

 

 

お申し込みはこちら